トラックドライバー求人を選ぶことのメリットとデメリット

2017年9月27日
投稿先 未分類

高額な年収設定がなされている点が素晴らしい

トラックドライバーの求人は、一般的に年収が高く設定されています。普通に働くだけでも年収500万円前後は稼ぐことができるので、今の時代なら高給な部類に属しますね。それだけ仕事が大変だということではありますが、これだけ稼げるなら家族を養っていくこともできるでしょう。非正規雇用でなかなか年収を上げることができないと悩んでいるなら、免許を取得してトラックドライバーになってみてもいいはずです。

運転に集中をしていればいいので仕事は楽

仕事自体は楽なのが、トラックドライバーのいいところです。ただ目的地に向かって運転をしていればいいだけなので、何も難しいことはありません。しかも、割と大きい道路や高速道路を走ることが多いので、運転自体も楽になりますね。複雑に入り組んだ下道を行くわけではありません。幹線道路を走るだけなので、高い注意力もほぼ必要がないのです。

コミュニケーションも取る必要がない

顧客と会うのは、目的地に到着したときだけです。他の時間は完全に一人で運転をしているだけなので、コミュニケーション能力がほぼ必要ありません。同僚との人間関係に悩まされることもありませんし、上司に嫌味を言われることもほぼなくなります。完全に一人の世界に没入することができるので、今の若い人にも向いている仕事だと言えそうです。

長時間労働になる点だけがネック

長距離のトラックドライバー求人は、長時間拘束されやすいのがネックですよね。一回働き始めると、自宅に帰ることも難しくなります。何しろ日本を横断することもあるのですから当然でしょう。休憩は適宜取れますが、ほとんどトラックの中で寝泊まりをしなければなりません。これは、人によっては辛いこととなるはずです。

経験者優遇のドライバーの求人に注目するのが、好条件で働くための基本です。特に大型免許や二種免許を持っている人は、経験に応じて良い条件を提示してもらえます。