医師になったらバイトをしよう!目指すものは何?

2017年8月26日
投稿先 未分類

医師のアルバイトの基本とは

医師になると資格があることで従事できる仕事の幅が飛躍的に広がります。資格としても貴重な影響もあり、高時給でのアルバイトの求人も少なくありません。医師のアルバイトは基本として二つの方向性で選ばれています。一つは高時給なことに注目して、忙しい合間を縫ってでもさらに働いて稼ぎたいという医師がアルバイトをするというものです。稼げるという考え方から、離職した女性医師がアルバイトをすることも珍しくありません。もう一つは病院やクリニックに勤めているだけでは得られない経験をすることを目的としているものです。症例数を増やしたり、執刀数を稼いだりしてキャリアアップを達成するためにアルバイトをすることを選んでいます。

目指すものを選べるメリット

医師は目的に応じてアルバイトの求人を選ぶことができるメリットがあります。人材が不足している現場が多いことから様々なタイプの求人があるからです。少しスキルがあれば気軽に稼げるアルバイトもあれば、時間的な自由が多いシフト制のアルバイトもあります。検診センターから大病院の手術室勤務まで幅広い求人が見つかるのが特徴です。スキルが十分にある人の場合には非常勤で手術だけに携わるという選択肢も選んで働くことができます。自分の目指すものが何かを決めてしまえば、それに対応する求人を探し当てられるでしょう。エージェントによるサポートを受けられることから理想の求人も探しやすくなっていて、職種も選ぶことができます。

医師のバイトに関心があるなら、産業医や健康診断の求人を重点的に調べる方法がおすすめです。勤務時間は短くても、報酬が高額の求人が多いからです。