介護の仕事の始め方と必要な介護資格とは?!

2017年7月28日
投稿先 未分類

介護の仕事を始めるには

介護業界が提供するサービスは高齢化が進む日本社会では必要不可欠な存在になってきています。そんな介護業界に将来性を感じ、就職を希望する人たちも年々増えています。それでは、実際にどのようにすれば介護の仕事を始めることができるのでしょうか。介護の仕事と一言で言っても、その仕事内容は様々です。一般的な介護サービスとして知られている身体介護や生活援助はもちろん、介護施設の責任者である施設長の仕事や、個人個人に合わせてどのような介護サービスを提供すれば良いのかというケアプランを作成するケアマネージャー、他にも介護施設の調理スタッフや清掃スタッフなどの仕事もあります。介護施設によっては夜勤勤務がある施設や日勤のみの施設など勤務形態も様々ですので、まずは自分がどのような介護の現場でどのような仕事をしたいのかを決めてから就職活動を行うと良いでしょう。

介護の仕事をするには資格が必要?

まず、多くの介護の現場で提供されている身体介護サービスを行うには、介護職員初任者研修などの介護資格が必要になります。身体介護を行うには専門的な知識や技術が必要になり、指定の講座や研修を受けて資格を取得した人しか従事できません。また介護業界でキャリアアップを考えている場合は介護資格の取得を考えておいた方が良いでしょう。一方、介護の仕事の中には無資格でも従事できるものもあります。介護施設の調理スタッフや清掃スタッフ、高齢者の送迎を行うドライバー業務などは介護資格を取得していなくてもできる仕事になります。

介護の求人を東京で探すためには、求人サイトを通した情報収集だけでなく、介護施設のホームページもこまめにチェックすることで、より多くの求人が見つかります。